映画 ライアーゲームの感想

なんだかんだで月曜に観てきました。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
(主演:戸田恵梨香、松田翔太)

夕方から用事があったのでその前に

ささっと一人で。

liargame.jpg

チケットの半券です。

天神東宝、多いと予想していましたが全然空いていました。

自分は後ろの方に座りました。

前の方はほとんど座ってなかったような。

平日の昼だからでしょうか。

15:40?のを観てきました。

【ここから下は若干のネタばれを含みます】

で、感想です。

観てよかったと思います。

面白かったです。

最終戦ということでこれまでよりも難解なゲーム内容だったら

ついていけるか不安に思っていましたが

ゲームの内容はシンプルでとっつきやすいです。

2時間の尺でゲームの説明をして、

実際にゲームを行い、勝敗を決定し、

そして物語を閉める、と、これらを入れるには

複雑なゲームでは説明も多くなって

時間がオーバーしてしまいます。

ドラマを観ていなくてもこの映画だけ観ても

単純にゲームを楽しめると思います。

ただ、ドラマから引き続き出ている登場人物の人間関係(1)や、

それぞれの人物の内面描写が少なかった(2)ように感じました。

(1)についてはそもそも主人公の秋山深一と神崎直の関係が

初めての人にはわからないと思いました。

”なぜ秋山は神埼直を助けるのか?”

というところが弱かった気がします。

(2)ですが、これはこれで良かったのではと思いました。

あまり説明くさいとテンポが悪くなってしまいます。

裏切り裏切り裏切りと話がどんどん進んでいくので

そのためには多少人物の掘り下げを省いて

テンポ優先で良いのかなあと。

個人的には松田翔太が演じる秋山の”あの感じ”も出てたので

これで見おさめかと思うと少しさみしい気もします。

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」

面白かったです。

…が、映画にする必要はなかったのかなあと思います。

”ドラマでサバイバル、映画でファイナル”

とうたっていましたが、

テレビ(ドラマ)で物語に一区切りつけてから

そのあとの映画化なら納得いきますが、

テレビが中途半端なままで終了し最後を映画化するというのは

よくわかりませんでした。

今回の映画もただテレビの続きを大きなスクリーンで観ているという感覚でした。

映画ならではというところがなかったと思います。

最終回2時間スペシャルなで十分だったような。

物語はとても面白かったのですが、ここだけは良くないところです。

まあ、自分の気持ちをまとめると、

ライアーゲーム、また続編やってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です